コラム

森のエコラム  –森って何だ–森が辿って来た道

   今回は、
      森って何だ –森が辿って来た道–

ぼくは数年前から、
何回かに分けて地中海地方と北欧との旅に出ています。
赤茶けた台地が広がる地中海地方と、緑なす森に囲まれた
北欧との間にかつてあったはずの『森が辿った道』を確かめたかったからです。
皆さんもよくご存知の通り、地中海地方には古代の文明が生まれました。
その古代の地中海地方は、森の緑に囲まれた豊かな台地だったと言われています。
ひとは自然の脅威に畏れつつも、木質エネルギーを始め、さまざまな暮らしの恵みを
森から受けていた事でしょう。
しかし、やがて膨れ上がる「ひと社会」の欲求を満たす為に天然の森は次々に伐採され、
ひとによる森からの一方的な収奪が始まります。
その結果の森林破壊によって自ら招き寄せた不利益が、地中海に生まれた文明を
北上させていった理由なのです。
森を求めて北上した文明は、その過程で森との共生という知恵を手にする事になりました。
これが北欧に豊かな森の文化が芽生えた理由だと言えるでしょう。
赤茶けた台地と緑なす森。
この二つの森が辿った道は、
「ひと社会」のありかたを今に伝えています。
今、次代に残すべきものについて、
森の中で一緒に汗を流しながら考えてみませんか?

Copyright(c) 2011 Plenteer All Rights Reserved.