9月28日、金曜日
四ツ池公園を歩くと、所々に写真のようなドングリを付けた小枝が落ちています。
これは「ハイイロチョッキリ」という虫が卵を産み付けたドングリを、
小枝ごと切り落としたものです。
産み付けられた卵は、ドングリの中で成長し、やがて地面に潜って冬を越すのです。
さて、四ツ池公園のドングリは、まだ写真の大きさと青さですから、
ドングリひろいまではまだ少し掛かるでしょう!
ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × two =