どんぐりの里親

「どんぐり」という言葉には、
どことなく優しい響きを感じませんか?

どんぐりと共に培ってきた自然との共生の膨大な歴史が、
人のDNAの中に刻みこまれているからなのしれません。
かつて、人は自然から様々な恵みを受け、そして人は自然に対して
生態系の一部としての役割を果たしていたのです。
わずか半世紀程前に、化石燃料の台頭に追い立てられるようにして
一斉に姿を消してしまったのですが、その共生の森の名残が、
ところどころに生き残っていて、秋になると実を付けます。
どんぐりを拾って里親になりませんか。
その苗木の成長を見守るまなざしの中には、
私たちが20世紀の繁栄の中に置き去りにしたかもしれない豊かさが見えてくる事でしょう。
失われてしまった自然との共生の技術、そのピッチである森の再生の為に、
ささやかな夢を育てて、森に帰してくれませんか。

Copyright(c) 2011 Plenteer All Rights Reserved.